ノルレボの副作用

MENU

ノルレボの副作用

ノルレボ,ノルレボ錠,通販,効果,副作用,緊急避妊薬,値段

 

緊急避妊薬のノルレボは通常の避妊薬によって著しい作用がある結果、年月と分量は守った上で服薬をしなければなりません。

 

仮に、守らずに服用すると、副作用が発現する傾向がたかくなります。

 

ノルレボ服薬ときの副作用のうち、殊更起こりやすいのは不当出血、消退出血液、頭痛、悪心、傾眠、消耗の6つの不具合で、服薬によるホルモン配分の変動が主な原因です。

 

この他にも、下腹部痛や浮動性目まい、バスト圧痛、月の物の遅延ないしは過度などが起きる可能性があり、服薬分量が多すぎるという悪心だけでなく嘔吐の不具合も生まれることがあります。

 

通常のピルは3週程度は連続で服用しなければならず、その間はますます副作用の恐れを伴いますが、ノルレボの服薬の瞬間は性交後の1回だけなので、もしも副作用の不具合が出たとしても、少々経てば調子は恢復してきます。

 

もしも、調子が小さい条件が貫くのであれば、病舎で医者に申請ください。

 

ノルレボは副作用だけでなく、服用してはいけない第三者もいるので注意が必要です。

 

ノルレボ,ノルレボ錠,通販,効果,副作用,緊急避妊薬,値段

 

他の多くの医薬品と同じように、過去に服薬中に敏感性の不具合がでたことがある第三者は服薬できない他、ノルレボの場合はつらい肝反応障壁を持っている第三者といった、妊娠して掛かる第三者は服用してはいけないことになっていらっしゃる。

 

ノルレボを服用すると肝臓の悩みが増大しますが、代謝反応が低下しておるキモ反応障壁の第三者にとってはこれが不具合の悪化を招き、肝硬変や肝がんの発症の可能性を高めます。

 

また、おめでたインサイドの第三者が服用すると、女房胎児の陰茎のメンズ化や、メンズ胎児の陰茎の女房化が起きる可能性があるので、絶対に服用しないようにしましょう。

 

一方、ノルレボはお産をした後から再度服薬できるようになりますが、主成分ですレボノルゲストレルが乳汁に交ざり込むことがあり、乳児がその状態で乳房を飲むと体躯に異常が起きるおそれがあるので、服薬復路終日以内は授乳を除け、どうしても授乳をしたい場合は人工乳房を授けるようにしましょう。

 

ノルレボトップへ